終戦後、食料品の統制時代に東京都より指定業者として、
経験のある三業者が学校給食の砂糖、味噌、醤油の調味料
の割り当てを教育委員会からの指示にて納品させて頂き、今
日を迎えております。 昭和41年から食材全般にとの要望を
頂き、生産地、メーカーを尋ね歩きました。
 その時に各産地に訪問して驚きましたのは、産地の人々が
毎日食べる食材は別の飼育、別の畑で栽培や養鶏された食
材であったことです。 販売品には抗生物質、着色料、農薬と
保存料です。
 驚いて東京に帰り食品に詳しい大手の社長さんにお尋ねし
て、東京農業大学出身で当時の農林省の課長をして退官され
た今井様に巡り会い、現在の実態を伺い二度驚きました。
 一日で消化されてしまう学校給食には必要ない有害色素や
、サルモネラの心配のない飼料の確認、保存料を使用しない
食品を探し出すために紹介者を頼りに、全国を今井氏と歩き
今日の基礎を作り現在に至っています。
 正直真面目な生産者の繋がりは、その場限りでなく自然災害
には私財を力の限り生産者の支援に使い、現在その方々と24
時間体制で学校給食を全力でお守りしています。
 若者と共に将来を誓い合い、早朝4時からの始業は決して
楽な仕事ではないはずですが、先輩が築いた次の代を担う
大切な学校給食の食材供給に意義ある仕事を、また後輩に
繋げ人生が価値あるよう指導して汗を流しています。

よく石毛商事の食品は生徒に安心とお褒め頂きますが、
私たちは、大切な生徒さんの為にだけある事業所です。


 お役に立てることは当たり前です。朝が早いとか、急な事態
で取り消しや、変更等全て社内一同は誰に連絡を頂いても
100%OKです。
 石毛商事はこれからもお役に立てる企業として努力致します。
Copyright (C) 2006 石毛商事 Corporation. All Rights Reserved.

代表取締役
石毛清次